本塁クロスプレーが勝敗を決めたプレーについて。2017年 日本シリーズ第2戦 

20.jpg

もしも、このプレーが判定通りの
「アウト」だったとしたら・・・
どういう結果になっていたのでしょう?

勝負の世界に
「たら・れば」というのは
言っては駄目なんですけど

ビデオ判定を採用してから
自分的には面白くなくなったような
気がするのは、自分だけなのでしょうか?

詳細



SMBC日本シリーズ2017は29日、
ヤフオクドームで第2戦が行われ、
ソフトバンクがDeNAに
4-3で競り勝ち、2連勝を飾った。

10.jpg

そのゲームにて
七回のソフトバンクの攻撃で本塁クロスプレーの
リプレー検証が実施され、アウトとされた判定が覆り、
勝ち越し点が入った。

2-3と迫ってなおも2死満塁で中村晃が右前打。
三塁走者に続き本塁へ滑り込んだ二塁走者の今宮は
タッチアウトと判定された。
工藤監督が抗議し、審判団がビデオで確認した結果、
今宮の手が先にベースに触れたとして4点目が入った。
 日本ハムと広島が対戦した昨年の日本シリーズ第2戦でも
同点で迎えた六回の広島の攻撃でアウトとされた判定が
検証の末セーフとなって勝ち越し点が入り、
勝利につながった事例があった。

個人的な判定は



実際の所、アウトだったか?!
セーフだったのかは、審判にも
解らなくて仕方のないプレーです。

ビデオ判定でもあれだけの
時間を要するほどのプレーなのですから。

スローで何度みても、
確かに、走者の手がキャッチャーの
グローブの下に潜り込んでいるように
見えなくもないのですか、

スライディングした選手の
指先が浮き上がってしまい、
ベースにタッチが、コンマ何秒か
遅くなっているようにも
見えなくもないのです。

近年まれに見るほどの
きわどいプレーに、コアなファンですら
「どっちでも仕方ないわ!」
と思えるプレーだったはず。

ただ、
後半でもある7回のプレーであり、
しかも、同点か?勝ち越しか?
という、完全に試合を左右する
プレーだっただけに、
難しい判定だったですね。

結果としては
セーフとなりました。
もう仕方ないという気持ちで
一杯にもなりましたけど、

ホームであるスタジアムですからね。
もし、福岡であのプレーを
セーフにした場合・・・

怖いですよね~

ただ。自分から言わせば・・・
「アウト!」
だと思います。

アウトでもよい?



野球をしたきた経験のある方なら
解ると思います。
長い期間やって来られたのなら
尚更です。

あんなギリギリのタッチプレーって
野球人生の中でも数回あるか?ないか?
それぐらいの、ギリギリのプレーでした。

ピッチャーが投げる。
バッターが打つ。
内野を抜ける。
ランナーが走る。
外野がとる。
大遠投。
ノーカットでキャッチャーに。

ボールが少しそれる。
ランナーはヘッドスライディング。
キャッチャーも、
少しでも早くタッチしようと
腕を伸ばす。

ベースの角でのタッチ合戦!

もう・・・
このタイミングが生まれるなんて
「奇跡」
なんですよね。

何かがズレていれば、
余裕でセーフだし
余裕でアウトだったのです。

そんな素晴らしいプレーの
立役者は・・やぱり守備の選手。
だからこそ、
アウトにしてあげて欲しかった。

自分の野球経験からすれば、
「ギリギリだと思ったらアウト」
だと思っています。

それが一番、収まりが良かったという
経験を数々してきたから。
今回も、アウトにしておけば、

仕切りなおしの力勝負で
決着がついたはずなので。

最後に



勝負事なので、
ドチラかに勝敗がつくのもわかります。
ビデオ判定にしたので
明白に判断出来る事ができるでしょう。

ただね・・・
誤審があるからこそ、
スポーツなのではないでしょうか?

昔、サッカーでマラドーナがみせた、
「神の手」にしても
今なら確実にハンドになったでしょう?
でも、勝ちたいという強い気持ちが
あったからこどのプレーなんです。

一生懸命がんばっているからこその
プレーなんですよね。

それを全てビデオで判断するのは
どうなのかな~って思うのは
私だけでしょうか?


年々、スポーツが機械的になって
勝敗だけを重視してないでしょうか?

これもテレビゲームの影響なのでは?
そんな怖いことも考えつつ
これからもスポーツ観戦を
楽しみたいと思います!

頑張れ~~~!

TOPに戻る

Sponsored Link











この記事へのコメント