情報教材の詐欺の手法が理解できた!単なるネズミ講だった?!

0-006002-01.png


とある昼にTwitterからDMが届いた。

ダウンロード.png

はじめまして!
現在SNSを使いスマホ作業ができる、
ビジネス仲間を募集しています!
ネットで稼ぎたいという
お気持ちがあれば引き上げます!
【完全在宅】【顔出し不要】です!


だそうです。
面白そうなので、騙されたふりして
話だけでも聞いておこうと
返事をしました。

ありがとうございます。
どういった事でしょうか?
詳細をおきかせください


するとすぐに返事が届きました。
餌に喰いついてきた!とでも
思って居るのでしょうね。

返信ありがとうございます!
お好きなSNSに短い文面を
コピペしていくだけで
数を沢山するとそれだけ収益になり、
お金がはいってくる作業です!
よかったら話だけでもきいてみますか?


なりません!
収益にはなりませんよ!!笑
というか、手法が古すぎませんか?w
とにかく話を聞いてみましょう!

是非、聞いてみたいですね!!
宜しくお願いします!


詳しくはLINE ID luOa7O8(一応伏字) で
しておりますので 繋がったらひとこと、
[shOmaから]とお願い致します!


という事は、多数のIDがあって
それを確認するために、[OOから]と
コメントを要求しているんですね。

これが、「お好きなSNSに短い文面を
コピペしていくだけで
数を沢山するとそれだけ!

という事になるんだなぁ~と
すぐに理解できました。

単純すぎる。

え?LINEですか?
このままTwitterのDMでも良いのですが?


一緒にお仕事をしております経験者が
個別のご相談やご質問にも
LINEで対応しております !
またお仕事をする上で
LINEでの業務連絡や指導を
しておりますので
ご理解くださると嬉しいです


要するにLINE通話だと無料で
会話もできますし、一斉配信も
できるので楽なんでしょうね

という事でLINEで対応する事に

unnamed.png

御都合の良い時間帯を
お教えください。
説明させていただきます。


という事でしたので
長々付き合いたくはなかったので
早々に返事をしました。

今からなら時間が作れますが
予定はどうでしょうか?


すると案の定

いまから連絡させていただきます。


というコメントの数秒後に
LINE電話が鳴り響きます。
さぁ~どういった内容なのか?
楽しみです!!

もしかしたら・・・
画期的なアイデアがあって
これからの知識として有益な
情報が聞けるのなら
貴重な時間も費やせるかも。

なんにしても話を聞いてみたいと
思っていたので、ありがたいです!

top.jpg

こんばんわぁ~♪っと
女性の声が聞こえてきました。
自分は男性だと思ってただけに
ちょっと驚きましたが、

挨拶も早々に最初に、
説明に10分。その後質疑応答に
5分ぐらいの短い時間ですので
お付き合いください。

という話からスタートしました。

が・・
要約すると教材があって
「アフィリエイトビジネス」
という事です。
SNSやブログに紹介文を書いて
教材を売って、その利益を分配。
そして自分の紹介者からも
その利益がバックしてくるという。

あ・・・これって・・・
何か記憶があるなぁ~爆笑。

なんにしても、この子が
まぁ~会話が下手。

話の途中で「アレ」という文字が
なんど出てきた事か。

アレなんですね。

アレがですね。

その都度「アレってなんですか?」
と問いただすが自分が話す事に
集中しているのか、
自分の話が一区切りするまで
話す事を一切やめません。

話し相手(私)が「ちょっと!」と
言っているにも関わらず、
ひたすら話続けます。


多分、手元にある資料を
爆読みするのに集中しすぎて
相手の声も聞こえてないのでしょうね

明らかに自分の言葉、自分の気持ちで
話をしていないので何も私に
伝わってきません。

どっかの政治家じゃ~ないんだから。

「ちょっと、私の話をきいてくれますか?」
と言ってみると、
「はい!どうぞ、言ってください!」と
なぜか上から物を言われる始末だし
それでも途中で話を被せてくるし。

ビジネスの話をしましょう!
と言っているにも関わらず、
不安な話相手の心情を考えもせず
ただ内容を伝えていくだけですから
多分、コミュニケーション能力が
低い方なんだと思います。

必死すぎて怖いですん。

解る人には解ると思いますが、
雰囲気でいえば、

cethmqyW_400x400.jpg

まさに、そんな感じでした。

まぁ~とにかく必死で頑張ってるから
最後まで話は聞いてあげようと
話を聞きながら、近くの駐車場で
ジュースを買ったり、トイレしたりと

返事や合図地を打たなくても、
ひたすら話続けてました。

普通・・・

「あ?聞いてくれてますか?」

ぐらい聞き直すでしょ?
何かを伝えようとしているのに
相手が聞いてくれているのか?
どうやったら、聞いてくれるのか?と
常に考えて会話するのが、
こういったビジネスには重要なのでは?

と私でも思うのですから。
確実のこの子よりは駄目ですね。

とにかく一通り話終えて
「最初にビジネスですから種(タネ)が
必要なのは解りますか?」
「凄い人や沢山の人からのアドバイスや
教材が送られてくる費用っです!」
「私達は最初にポイっと渡したら終わり!
なんて事はしません!ずっとサポートします」

なので、その費用として
それにお幾ら出費できますか?と。

money_megakuramu_woman.png

はい!お金の話が始まりました~。

どうせ、メルマガの様なものを
毎月送りつけてきて、
サポートしています!あとは
貴方の努力しだいですよ!

という事でしょうけどね。

なので私は「最低はお幾らですか?」
とお聞きしたら

「初期費用は最低なら10万ぐらい。
でも本気の方なら30万円から
始める方も沢山いられますよ!!」

と嘘っぽい話を一生懸命してきます

しかも・・・
毎月、2万ぐらい必要なんだそうです。
一体?!なんの費用ですか?と
聞いてみた所、

「サポートやアドバイス
そして教材も毎月送られてきます!」

との事なんですけど
それだけの為に2万円も?
どんな商売しているのか
解りませんけど、

では、個人情報を私のLINEに
送ってくださいますか?
振り込み口座も教えてください。

といってきました。

bikkuri_me_tobideru_man.png

ちょ・・ちょっと・・・
個人情報。しかも金銭がからむ
情報を今日、知り合った
どこの馬鹿かもしれない人に
LINEで教えるんですか?

と聞いたら、

皆さん、そうされてますよ?

と、当然の様に言ってくるんです。
え~っと・・・
ちなみに、その振り込んだお金が
どこに行くのでしょうか?

と聞いてみたら
「AOIグループの事務所です」
との事なんですが、
その名前すら今、初めて聞きましたし

後でネットで調べても
名前すら出てきませんでした。

いや、普通これだけの大金を
振り込むのですから書面で
領収書や口座の紹介などが
あっても良いのでは?

と突っ込んでみたら

nurse2_4_think.png

「今回はご縁がなかったみたいですね」
「何かありましたらご連絡ください。」

との事でした。

ビジネスの仕組み



結局の所、このビジネスは
「ねずみ講ビジネス」
という事ですね。

まずは、手軽でスマホ一つで
高収入、いつでもどこでも
作業ができます!

という所から客を引き込む。

実際の作業としては、
自分が作成したSNSやブログなどを
利用して「副業を始めて素敵な時間を
過ごしているアピールなど」をする。

海外旅行や高級外車、
高級店での食事。

そんな画像や文章を詰め込んで

この副業をはじめれば、
これだの生活ができる!
と思わせて、
その記事にリンクを貼って
教材のサイトにでも
飛ばすつもりなのでしょう

これが、餌ですよね。

他の餌としては、
TwitterやFacebookなどに
懸賞の記事の乗せて、
そこのコメントしてくる人を
ターゲットにして
DMを送る。(私の手法)

返事があった人に話をして
教材を購入してもらう。


というのが、
「作業」「業務内容」
という事になると思います。

そういった作業のテンションを
高める為に動画を見せたり、
説明文のひな型を送るのが、
「教材」となるのでしょうね。


そして、その女が言った一言。
「私のグループ」
という文言から察するに

ねずみ講 という事ですね。

nezumikou_pyramid.png

教材を買わした収益が
グループで上位の人間から
分配していくのでしょう。

だからこそ、
「みんなで頑張る!」っていう
言葉にもなったと思います。

最後に



長々と書きましたが
結局は、教材を買って貰わないと
収益はでませんので、普通の方には
なんらお得な話ではないと思います。

ねずみ講の上位の人が
お金を分配して儲かるだけの
システムですから
やるだけ無駄ですよ~

だったら、アフィリエイトを
自分で展開させたほうが
出費ゼロから収益がでますから。
確実にお勧めです。

もしも、20万の入会金をペイしようと
思ったら、どれだけの時間が必要か
その為の追加費用もどうなるのか・・

考えただけでも怖いですよね。

とにかく、こらからの時代です。

うまい話には裏がある!

間違いないので
皆さんも注意してくださいね!

TOPに戻る

youtubeLINK

Sponsored Link

















この記事へのコメント