DisplayPortをDVIなどに変換できるケーブルは今後必要になる

20.jpg10.jpg

サンワサプライは6月15日、
DisplayPortをDVI、HDMI、VGAポートに
それぞれ変換して出力できるケーブル4種
「KC-DPDVAシリーズ」
「KC-DPHDAシリーズ」
「KC-DPHDRAシリーズ」
「KC-DPVAシリーズ」を発売した。

今、PCモニターでは標準装備される事が
多くなった端子である

「DisplayPort」とは
液晶ディスプレイなどの
デジタルディスプレイ装置の為に
設計された映像出力インタフェースの
規格である。

DVIの後継を狙った規格であり、
標準化団体であるVESAによって策定された。
二次的な仕様ではあるが音声信号や
汎用データの転送も可能である。
音声信号伝送に関してはオプションである為、
機器によって対応/非対応のものがある。




これらの製品を使用することで、
DisplayPortを搭載するパソコンを、
DVI、HDMI、VGAインターフェースを
持つディスプレーやテレビに接続できる。

外付けディスプレーを拡張ディスプレー設定にして
大画面のワークスペースで作業したり、
ミラーモードでプロジェクターなどでの
プレゼンテーションに活用したりできるとのこと。
 
KC-DPDVAシリーズは、
DisplayPortからDVIを出力する変換ケーブル。
最大1920×1200ドットのハイビジョン解像度に対応。
ACTIVEタイプのアダプターで、
DVIのディスプレーを使用しての
マルチモニター環境を構築できる。

サイズは3mと2mを用意する。
価格は3mが6820円、2mが6380円。
 

KC-DPHDAシリーズとKC-DPHDRAシリーズは、
DisplayPortからHDMIを出力する変換ケーブルで、
最大3840×2160ドットの4K/60Hz解像度に対応。

KC-DPHDRAシリーズは、
HDR対応のパソコンとディスプレーを
接続した場合、より自然で
リアルな映像を出力できるという。
 

両シリーズともサイズは3mと2mを用意。
価格はKC-DPHDAシリーズの3mが5940円、
2mが5500円。KC-DPHDRAシリーズの3mが6820円、
2mが6380円。
 
KC-DPVAシリーズは、
DisplayPortからVGAを出力する変換ケーブル。
最大1920×1200ドットのハイビジョン解像度に
対応する。サイズは5mと3mを用意。
価格は5mが5830円、3mが5280円。
 

という価格設定になっている。
ただ・・この価格は実売で
2割程度は割引されるとしても

DP DVI, 1.8m DisplayPort to DVI ケーブル ICチップセット内蔵ケーブル ブラック - 1080P高解像度
DP DVI, 1.8m DisplayPort to DVI ケーブル

Amazonベーシック DisplayPort to HDMI A/Mケーブル 1.8m
Amazonベーシック DisplayPort to HDMI A/Mケーブル 1.8m

Benfei DisplayPort - HDMIアダプター DisplayPort - HDMI変換ケーブル オス-メス 金メッキコード Lenovo Dell HPおよびその他のブランドに対応。 1 PACK 000095black
Benfei DisplayPort - HDMIアダプター DisplayPort - HDMI変換ケーブル

探せば似たような用途の商品は
沢山 世に、流通している製品。

あくまでも高品質・高寿命を狙うのでれば
有名メーカーが製造している物を
購入する方がベターだろう。

私は配線関係については性能差を
気にしていないので
コストをメインに購入しています。


これからはPCの小型化や新しいゲーム機の
登場によって、家庭内でも多種多様な
モニターと接続する機会が増えるので
こういった、変換ケーブルの登場機会も
多くなるはずです。

こういった便利なものも
売られていると知っているだけでも
いざ!という時に役立つと思います!

TOPに戻る

youtubeLINK

Sponsored Link













この記事へのコメント