6.jpg

Kingstongのゲーム部門のHyperXは
新製品としてヘッドホン
Cloud Alpha S Blackoutの発売を発表。

これは、実際にはオリジナルのCloud Alpha Sですが、
完全に黒の配色となっている。

ゲーム配信などでヘッドセットを
目立たせたくない方には、落ち着く配色ですね。

5.jpg

これらのヘッドフォン は、13Ωから27 kHz のインピーダンスで
65オームのインピーダンスで動作するネオジム磁石を備えた
カスタム50 mmスピーカーを備えており、
総重量321グラムの円形設計を特徴としています。

1.jpg

2.jpg

HyperX Cloud AlphaTM Sは、
画期的なCloud Alphaをベースにし、
HyperXバーチャル7.1サラウンドサウンド1 を備えています。

付属のオーディオコントロールミキサーを使用すれば、
メニューを操作しなくても、サラウンドサウンドを有効にし、
ゲームオーディオとチャットのバランスを調節できます。


イヤーカップに追加された低音調節スライダーで、
オーディオをカスタマイズできます。

3.jpg

イヤーカップにある便利なスライダーを使用して、
3レベルの低音を選択できます。
完全に開くと低音が最大になり、
閉じると低音レベルが抑えられます


Cloud Alpha Sも、歪みを抑え、
クリアなサウンドを実現する
デュアルチャンバーシステムと、
通気性がさらに向上したレザレットによって
アップグレードされた低反発イヤークッションが
もたらすHyper Xならではの快適性が特徴です。

4.jpg

2020年6月時点での販売価格は
約15000円程度となっています。

HyperX Cloud Alpha S ゲーミング ヘッドセット 7.1サラウンドサウンド 低音調節スライダー ブラック 2年保証 HX-HSCAS-BK/WW
HyperX Cloud Alpha S ゲーミング ヘッドセット 7.1サラウンド

今までのHyper Xヘッドセットの中では
ミドルクラスから上位クラスという
価格設定になっているので

十分にメインで使う高性能の
ヘッドセットという位置付けとなるでしょう。


他社も含めて既存のヘッドセットでは、
ソフトウェアを使っての音質の調整を
していたのですが、

この製品のように本体に調整つまみが
ついているのは珍しいですし、
高額なサウンドカードなどを購入しなくても
自分の好みの音質に調整できるのは
メリットではないでしょうか?


ゲーム配信では重要な
見た目もクールですし、
音質もバージョンアップされてる

Cloud Alpha S Blackout

選択の一つに十分はいると思いますよ!

TOPに戻る

youtubeLINK

Sponsored Link