AMD [Ryzen 3 3300X]&[Ryzen 3 3100]は「低コストゲーミングPC」の王道となるのか?

10.jpg

AMD Ryzen 3 3300XおよびAMD Ryzen 3 3100は
AMDのローエンドプロセッサフ​​ァミリという
Zen2 @ 7nmアーキテクチャで使用できる。

この最新CPU は2020年の5月末に
すでに販売され沢山のレビュー動画が
出回っているので参考にするのも
良いかと思います。

このAMDのCPUをインテルで比較をすると
第9世代および第10世代Intel Core i3となります。

ただ、価格や性能を単純に比較を
する事は難しいですので
切り分けて進めたいと思います。


AMD Ryzen 3 3300X
4つのコア及び 3.80 / 4.30 GHz  8スレッドを、
Ryzen 3 3100の速度も 3.60 / 3.90 GHz帯と
共有L3キャッシュ16MBであり
65W TDP というのが公表値になります。

今では当然となっているであろう
「小電力」「高出力」
であると言えるのではないでしょうか?



ただ自分の様なゲーミング重視にしている
ユーザーにとっては、
実際のベンチマークが気になる所です。

Ryzen-3-3300X-y-Ryzen-3-3100X-1.png

重要なのは、基本的にこのCPUが持つ用途である
フルHD解像度でのゲームのパフォーマンスです。

Ryzen3 3100は、AMD Ryzen 5 2600と比較しても
数値的、実質的には同等ですが、

オーバークロックすると
4.35 GHzに到達しやすく
Ryzen 5 2600Xよりも優れており

Intel Core i3-8350Kに近づきます。
そういったの点でも

Ryzen 3 3300XはRyzen 5 3600 / Core i5-8400に匹敵し
安全なマージンでCore i3-9100Fを
性能的にも簡単に上回ります。

価格差を考えれば
素晴らしい結果になるかと。


次に注目したいのは
「消費電力」となります。

Ryzen-3-3300X-y-Ryzen-3-3100X-3.png

消費の面では、AMD Ryzen 3 3100は
ストレステスト下で122Wを消費します。

その結果、消費量はIntelでの消費量よりもわ
ずかに多くなります。
温度に関しては、
すべて60および67 ℃ですべて良好ですね。


そういった点から
コストパフォーマンスを考えると

Ryzen 3 3100が2位、
Ryzen 3 3300X が4位で、
Intel Core i3-9100Fを完全にリードしました。
(上記グラフ参照)

まだRyzenのCPUが新発売なので
価格も安定していませんので
ハッキリとした事は言えないのですが、

性能的にも、数世代前のi7に匹敵し
価格も1万円前後で購入でき、
省電力で高性能となれば、

十分、メインPCの軸をして
考えても良い製品になると思います。

20.jpg

一昔前までは自作PCを組む時に
「お金がないからAMD」
なんて言ってた時もありましたが

今では完全にその風潮は無いですし
実際に私の周りでは、AMD化しているのも
事実です

ただ、どちらが良いというのは
言い切れないですし、
色々なパーツの集合体である
パソコンという機会ですので

相性

なんて事も考えていけば、
おのずと自分にとって
良い選択ができるのでは
ないでしょうか?

さぁ~自作PCの世界で
楽しみましょう!!

TOPに戻る

youtubeLINK

Sponsored Link











この記事へのコメント