Thermaltake ToughDesk 500L RGBバトルステーションでクールにプレイ!

10.jpg

今回紹介するゲーミングテーブルは

いつもPCケースなのでお世話になっている
「Thermaltake」から発売された

長さ160cm、奥行き80cm の大きいサイズの
L字型テーブルである

ToughDesk 500L RGB Battlestationを紹介します。

長さ80 cm、深さ60 cm。
テーブル全体が巨大なマウスパッドで
覆われているのでポジションの自由度が
高くて、どんなレイアウトの部屋でも
マッチすると思います。

RGBライティングが装備されているので
ゲーム配信をするプレイヤーは
なお、オリジナリティがでて
注目されるのではないでしょうか?

ただ、メインテーブル側にはRGBライトは
装備されているがサイド側のテーブルには
ライティングできないのは注意が必要です。

このRGB照明システムは、
iTAKEまたはRazer Chromaソフトウェアを
使用してシステム周辺機器と照明を
一致させることにより、
輝度の強度、モード、速度、
照明の方向などを調整する事ができます。


20.jpg


最近では、手軽にゲーム配信をする方も
増えてきている中で、

webカメラの性能がアップし、
高性能カメラにて、手元の映像を
同時配信したり、部屋の中を映しながら
配信をする事も多いので
ゲーミングテーブルにも注目されています。


現時点ではRGBライトやパットを内蔵する
程度に収まっていますが、これからは、
モニターやPC本体なども内蔵できるような
テーブルも開発されていきそうですね。


今後、どんな商品が発売されていくのか?
楽しみです!!

TOPに戻る

youtubeLINK

Sponsored Link













この記事へのコメント